流れにまかせてパワースポットに呼ばれ続けた年末年始。

お客さまご家族と濃ゆーいメンバーでの和歌山界隈の旅。

長野を夜のうちに出発し、早朝にたどり着いたのが、

険しい山道を登りきった先の、奈良県は十津川村、玉置神社。

 

 

ここがスタート。

年末年始、みそぎ旅の始まりの場所でした。意図したわけではないのですが。

 

お客さまご夫妻が御朱印帳を大切そうにかばんから出して…

という姿を見たとたんに!

なんだか僕も無性に御朱印帳が欲しくなってしまいまして…

 

 

ゲットしてしまいました。

 

 

まず一つ。カッコイイ。

スタートが玉置神社。

なんだか、とても嬉しい。

 

 

もうすぐ日の出の時間。

凛とした冷たい空気と背筋が伸びる清々しい気持ち。

 

 

山頂への道すがら、日の出です。

神々しい光。やわらかい色。

 

 

意外と険しい急斜面の山道…なんとか登りきり、

雲海も出迎えてくれました。

神秘的な景色。

  

 

なんと、山頂でホーリーがバイオリン。

なんという贅沢な…(涙)

最高な、みそぎ旅の始まりでした。

 

 

大きな杉の木があちらこちらに。

境内全体がエネルギーに満ち溢れています。

 

 

続いて訪れたのがこちら。

同じ奈良県なのですが、かなり険しい道のり…

といっても今回の旅。

運転は全てお客さま、うめさんご夫妻におまかせ…

超長距離、ありがとうございました。

 

秘境の険しい谷間の川沿いの道を抜け、

ようやくたどり着いたのが天川村、天河神社。

 

 

芸能の神様らしいです。

 

 

神様から呼ばれた人しか行けないとか、なんとか。

行っちゃう?というノリでやってきてしまった神社。

来れてしまいました。

ラッキー、ラッキーとしか言いようがありません。

 

 

ドキドキ。なんかすごくドキドキ。

 

 

圧巻。  

荘厳。

言葉が出ません。

…すばらしい。なんとも…気持ちいい。

 

 

忘れずにゲット。感謝。

 

天川村で温泉に浸かって、お昼も食べて。

初日はそんなこんなで、和歌山のゲストハウスikkyuさんにたどり着いたのです。

 

ikkyuさん滞在については前回のコチラの記事。

 

ikkyuさんでの滞在をのんびりと大満喫させていただいて、二日目。

 

 

ikkyuさんのすぐご近所の神社にもご挨拶。

ここがまた素晴らしい。

 

 

写真もたんまりとあるのですが、こんなところにしておきます。

また来れるといいな。

 

 

山を下り、海沿いは三重県。

花窟神社。

 

 

そびえ立つご神体の岩山を見上げると、開いた口が塞がりません。

ありがとうございます。

 

 

ゲット、ゲット。

 

 

三重県伊勢市に入りまして、

月讀宮。

 

 

旅を共にした濃ゆーいメンバーを、最も濃ゆーくしてくれたメンバー、

ウランくんに導かれて立ち寄り。

旅をより濃密にしてくれた、ウランくん。

旅中、車中、食事中。情報量、ハンパじゃありません。

この旅のMVPです。

 

 

もちろんお忘れなく。

 

 

極めつけは二見の岩戸の塩を求めてやってきた伊勢市。

二見興玉神社。

 

 

ここで奇跡が起きます。

 

旅を共にした濃ゆーいメンバー、バイオリンを演奏してくれたホーリー。

実は奥様が妊娠中で、約1ヶ月後くらいが出産予定日。

2018年の年初に玉置神社を二人で訪れており、

その後、妊娠されたのだとか。

 

年末の今回、僕たちが玉置神社に行く、ということをたまたま聞きつけ、

これは、お礼参りに行かねばと、急きょ、一緒に旅に加わってくれたのです。

 

昨晩まで一緒に行動をしていたホーリー。

実は二日目は東京でライブの予定があり、新幹線で早朝に帰っていたのでした。

ちょっと今回の旅は厳しいスケジュールだったのですが、

どうしても行きたい、ということで同行してくれていたのです。

 

朝から行動を別にしていたホーリー。

日も暮れ、二見興玉神社にてこの旅の最後の参拝を終えた、

ちょうどその時…信じられない連絡が。

 

なんと、ホーリーの赤ちゃんが産まれたと…。

予定日より1ヶ月ほど早く。

しかも、このタイミングですか!?

なんと、なんと…すばらしい。

僕たちまで幸せいっぱいな気分にさせていただきました。

おめでとうございます!

そして旅に素晴らしい彩を加えてくれたことに、心から感謝です!

一緒に来てくれて、ありがとう!

今度、お祝いに行かねば。

 

 

最後の夕食は、このまま伊勢で。

ここでふと思い出したことが。

2018年の元旦、僕の初夢の話し。

そう、僕の初夢は

「伊勢エビがいっぱいいる水たまりを見つけた」という夢でした。

この水たまり?大量の伊勢エビがうようよといるわけなのですが、

大漁だー!と、とってもとってもとっても、

全部取り尽くしたと思うと波がバシャーとやってきて、

その度に、また伊勢エビがわいてくる、

というまさに夢のような水たまり?だったのです。

 

 

これはこれは、エビを喰わねば今年は締めくくれないだろう、

ということで、伊勢エビではありませんが、

伊勢でエビフライ定食をいただくことにしました。

カキフライ定食とギリギリまで悩んだのは正直なところですが、

いやいやここはエビを食べねば年越しはできぬ、と腹をくくりました。

大変おいしかったです。初夢、思い出してよかった。

 

…だいぶ長くなってしまいました。

御朱印帳を携えた、みそぎ旅は年明けの旅でも続くのですが、

今回はひとまずこの和歌山界隈の旅で締めくくります。

感謝、ありがとうございました。

 


コメントを残す