大自然を満喫する田舎暮らしの住まいの探し方

まずは、住まい。

田舎暮らしといえども、日本中をみれば、ほとんど田舎!?

いいところはいっぱいありまして、どこに住もうか悩んでしまいますが。

いろんな事情を全部とっぱらっちゃえば、選択肢は無限です!

 

住みたいところに住めばいいんです。

仕事、実家、友人、交通の便・・・いろいろ考えると、

かなり選択肢は狭くなってきます。

 

でも、それをひとつずつ取り除いていくと、どんどん選択肢は広がっていきます。

都会に住むとなると、住まいの選択肢は狭くなります。

 

駅に近くて、家賃はいくら以内で、間取りは・・・、築年数は・・・

とだいたい、このくらいの条件をあてはめると、条件のあう物件は絞り込まれてしまいます

 

そして、まあこんなもんかな・・・となんとなく妥協して決まります。

なんとなく、妥協。で決定です。

 

しかし、いざ田舎暮らし!となると、いままで縛られていた条件があまり意味をもってこなくなります。

 

まず駅に近い・・・便利は便利ですけど、大自然の中に住むことを求めてきたのならば、あまりそれは条件になってこないのでは?

むしろ、あまり人が多すぎない景色の良いところがいいな~。と思うのではないでしょうか?

となると、そんな物件を探していくと、比較的安い物件が見つかります。

 

大自然を求めれば求めるほど、金額が下がってきます。

これは願ったり、叶ったりです!

 

いままでは、条件が良い物件を探すほどに金額が上がっていたのに、

条件が良くなるほど、金額が下がるという現象が出てきます!

これは驚きです

 

同様のことが、他の条件でもあてはまってきます。

通勤時間が1時間以内の場所で。

これは都会であれば、電車で1時間。

または、渋滞を考慮したうえで車で1時間。

条件にあてはまる場所はかなり狭く絞られてきます。

 

田舎では。

1時間という範囲は非常に広大です。

なんせ信号が少ない!

そして渋滞も少ない!

それを考慮すると、範囲は非常に広くなり、選択肢も多くなります。

 

通勤時間がなるべく短く、という条件も見方がすこし変わってきます。

信号が少なく、渋滞も少ない。

ということは、朝からすがすがしいドライブができる!ということです。

 

ボクも長野県の望月町というところから、原村というところまで車で1時間をかけて通勤していたときがありました。

蓼科山を望みながら、白樺湖の横をぬけて、職場へと通勤をしていました。

 

通勤なのに、朝からちょっとした旅行気分です♪

朝、少し早めに出発したときは、山の上から足下に雲海が見えて、思わず車をとめて写真をとっちゃいました。

 

これがそのときの写真。

 

 

 

 

 

 

こんな優雅な通勤もいいんじゃないでしょうか?

そうなると、通勤距離も近く、近く!

って、思っていた価値観が崩れてきます。

 

ちょっとドライブがたのしめる距離!

っていう選び方ができてきます

 

ほら、どんどん選択肢が広がってきたでしょ。

だから、いろいろごちゃごちゃ考えずに、まずは住みたい!ここで暮らしたい!

って場所を探しちゃいましょう!!

 

長くなっちゃったんで、今日はここらへんで。


コメントを残す