ギネス記録をもつ世界一の猫たち

さまざまな「世界一」の記録を集めた

ギネス世界記録、通称ギネスブック。

 

登録対象は人間だけでなく

動物もたくさん認定されています。

 

今回はその中から

栄誉あるギネス認定を受けた

世界一の猫たちをご紹介します

 

■世界で一番長く生きた猫

 

ギネス猫を語る上で

外すことができない存在が

ギネス史上最高齢の「クリーム・パフ」。

 

彼女は1967年8月3日から

2005年8月6日までの

38年と3日の寿命を全うしました。

 

人間に換算すると170歳以上

 

2016年に日本ペットフード協会が発表した

猫の平均寿命は15歳ですから

その2.5倍以上も長く生きたことになります。

 

ちなみに日本の最高齢は

2017年3月10日に表彰された

26歳の「あお」ちゃんです。

 

クリーム・パフもあおちゃんも

どちらもメス猫。

 

女性の方が長寿というのは

猫も人間も同じのようです。

 

■世界で一番体が長い猫

 

米ネバダ州の「スチューウィ」は

最も体が長い猫としてギネスに登録されていました。

 

鼻先から尻尾までの長さはなんと123cm

 

おっとりとした優しい性格を生かし

セラピーキャットとして活躍していましたが

残念ながら2013年に亡くなってしまいました。

 

現在ギネスの記録を保持しているのは

体長118cmの「ルド」。

 

 

体重は13.8kgもあり

持ち上げるだけで大変そう。

 

しかしその記録も近々

「オマール」の体長120cmに更新されるようです。

 

 

カンガルー肉が大好物のオマールは体重14kg。

 

この3匹の共通点は

いずれも「メインクーン」という品種であることです。

 

別名「ジェントルジャイアント」とも呼ばれ

イエネコの中でも最大の種類なのです。

 

■世界で一番被毛が長い猫

 

「最も毛が長い猫」として

初代チャンピオンに輝いたのは

ロサンゼルスの「カーネル・ミャウ」。

 

日本語にすると「ミャオ大佐」です。

 

その毛の長さは22.87cm。

 

その何とも言えない愛らしい風貌から

「ブサカワ猫」として親しまれていましたが

2014年にわずか2歳という若さで亡くなりました。

 

現在はカルフォルニア州に住む

「ソフィー」の25.7cmが最長記録です。

 

しかしこれだけ毛が長いと

飼い主の手入れも大変ですよね。

 

■あなたの隣に世界一がいるかも

ごく一部をご紹介しましたが

他にも多種多様な世界一の猫が

ギネスにはたくさん登録されています。

 

例えば

世界で最も子猫を生んだ猫や

世界一ネズミを捕まえた猫など

ユニークな記録も残されています。

 

最近では日本の「まる」ちゃんが

動画視聴回数世界一で認定され

話題になりました。

 

あなたの愛猫にも

ギネス世界記録を受賞する可能性が

秘められているかもしれませんね。


コメントを残す