猫の名前にもトレンドがある!

昭和の猫の名前といえば

「タマ」「ミケ」「トラ」

あたりが定番でした。

 

見た目の特徴が由来になっているのか

とてもシンプルな印象です。

 

では2017年の現在では

どんな名前が人気なのでしょう?

 

海外のトレンドも交えつつ

猫の名前のあれこれを

探ってみたいと思います。

 

■2017年人気の名前は?

 

猫の名前のランキングを

発表している会社はいくつかあります。

 

今回はその中から3つ挙げて

2017年度版を見てみましょう。

 

まずアニコム損害保険は

1位「ソラ」2位「レオ」3位「モモ」。

 

「アイリスペット」のランキングは

1位「ココ」2位「クロ」3位「ナナ」。

 

「ねこのきもち保険」は

1位「モモ」2位「ソラ」3位「ハナ」

となっていました。

 

調査対象とする猫の年齢が違うので

結果はバラバラですが

「カタカナ2文字」が印象的です。

 

また最近は漢字にするのも

流行っているようです。

 

ちなみに「モモ」は犬猫どちらも

必ず1位になるほど人気でした。

 

あまりに多過ぎたためか

ここ数年はその流行りも

落ち着きつつあります。

 

■海外で人気の名前は?

 

 

日本以外の国も見てみましょう。

 

まずはアメリカ。

オスは「オリバー」「レオ」「チャーリー」

メスは「ルナ」「クロエ」「ベラ」

が上位にランクインしています。

 

どれも人間につけるような名前ですね。

 

次にオーストラリア。

オスは「オスカー」「マックス」「タイガー」

メスは「タイガー」「ミスティー」「ココ」。

 

オスメスともに

「タイガー」が人気ということは

シマ模様の猫が多いのでしょうか。

 

フランスはどうでしょう。

オスは「ティグル」「カラメル」「フェリックス」

メスは「ミネット」「シピ」「キャリーヌ」でした。

 

「ティグル」「フェリックス」は

アニメのキャラクター由来のようです。

 

「ミネット」は日本でいうところの「猫ちゃん」

「シピ」は「いたずらっこ」といった

ニュアンスになります。

 

■キュート系ネームは日本だけ?

 

 

海外では人間の名前を

用いることが多いようです。

 

猫を赤ちゃんのように扱う日本に対して

同等のパートナーとして接するからでしょうか。

 

しかし猫に可愛い名前をつけるのは

日本だけではありません。

 

例えば中国は

豆豆(ドウドウ)毛毛(マオマオ)黒黒(ヘイヘイ)

といった名前をつけるそうです。

 

まるでパンダの名前のようですが

同じ音を繰り返すことで

「○○ちゃん」のような

親しみを込めています。

 

豆や毛、黒といった見た目の特徴や

言葉の響きの愛らしさは

日本にも通じるものがあります。

 

■名前は初めてあげるプレゼント

 

 

毛色、生まれた季節

著名人、キャラクターなど

名付け方は様々。

 

「食べるものに困らないように」

という願いを込めて

食べ物の名前をつける人もいます。

 

また語感や意味を重視したり

字画をチェックするなど

一昔前と比べれば随分と

熟考されるようになりました。

 

家族の一員として迎えるからこそ

特別な名前をプレゼントしたいと

思うのは自然なことでしょう。

 

猫の名前には飼い主の

かけがえのない愛情が

溢れているんですね。


コメントを残す