猫は家につく?環境の変化はストレスのもと

「犬は人につき、猫は家につく」という言葉があるように

もともと群れで生活していた犬は仲間を重視し

単独で狩りをする猫は生活環境を優先させます。

 

これは猫が人に懐かないということではなく

縄張り意識が強いという意味です。

 

猫とテリトリーは切っても切れない関係なのです。

 

今回は猫にとって環境がいかに大切なのか

という話をしたいと思います。

 

将来的に引越しを考えている人も是非ご一読ください。

 

■猫のテリトリーは2種類ある

 

猫の縄張りには2種類あります。

 

狩りをするための場所が「ハンティング・テリトリー」

寝食を行うくつろぎの場所が「ホーム・テリトリー」です。

 

ハンティング・テリトリーは

複数の猫が共有する場でもあり

集会所として使われることもあるそうです。

 

それに対してホーム・テリトリーは

自分だけのプライベート空間。

 

「家」とはつまりホーム・テリトリーのことで

どうしても守りたい場所なのです。

 

■家につく猫とは?

 

家につくタイプの猫は環境の変化を嫌います。

 

まず他の猫がホーム・テリトリーに入ることを許しません。

 

侵入してきたときは激しい喧嘩になったり

籠城して出てこなくなることがあります。

 

外へ連れ出そうとしたときも同じで

飼い主がそばにいても激しく抵抗します。

 

引越し・旅行・ペットホテル

模様替えですら大きなストレスに。

 

■家につかない猫もいる

 

室内飼いの猫の場合

あまり環境にこだわらないケースが多いようです。

 

子猫の頃から人と暮らしていると縄張りへの執着も薄く

ホーム・テリトリーに入ってきた猫とも

比較的フレンドリーに接することができます。

 

このタイプの猫の安心できる場所は

生活環境ではなく飼い主がいるところ。

 

飼い主と離れることがストレスなのです。

 

■家につく猫も引越しできる

 

環境の変化がストレスになるからと言って

引越し時の置き去りが許されるわけではありません。

 

ストレスケアがうまくできれば

新居に慣れさせることは充分可能です。

 

①猫が愛用している物や家具を捨てない

 

猫は自分の匂いが染み込んだものがあると安心します。

とくにトイレは使用済みの砂も一緒にして

必ず新居にも持っていきましょう。

 

家具の買い替えも新居に慣れた頃がベストです。

 

②作業中は静かな場所へ

 

引越当日は見知らぬ人が大勢出入りするので

猫が逃げてしまう可能性があります。

 

バスルームなど静かで落ち着ける場所に

退避させておきましょう。

 

ケージに入れる場合は布で覆って

見えないようにしておきます。

 

③引越先に隠れ家を用意

 

暗くて静かな場所を用意したら

トイレ・水・ご飯を置いておき

しばらくそこで様子を見ましょう。

 

前の家で猫が使っていたものも置いてあげてください。

 

何日か出てこないかもしれませんが

猫のペースに合わせてあげることが重要。

 

無理強いは禁物です。

 

④迷子札をつける

 

引越作業中や新居に移った後は

猫が逃げ出す恐れがあります。

 

扉や網戸などの施錠に注意しましょう。

 

また引越前に迷子札をつけておくと安心です。

 

マイクロチップを入れているのであれば

住所変更の手続きもお忘れなく。

 

■ストレスケアは先手がポイント

 

最近では完全室内飼いが増えたこともあり

「猫は家につくもの」という考え方は

昔ほどポピュラーではありません。

 

しかし環境が変わることに対して

猫がストレスを感じるのは確かなこと。

 

とくに怖がりな猫ほど

先回りしたストレスケアが鍵を握ります。

 

「匂い」と「暗く静かな場所」。

 

この2つのポイントを上手に活用して

リラックスできる環境を提供してあげてください。


コメントを残す