今から乗るクルマは大丈夫? 命を守る「猫バンバン」

参照元:https://twitter.com/raika_193

 

外で暮らす野良猫たちにとって厳しい冬。

 

この季節は寒さをしのごうとして

車のエンジンルームに潜む猫が増えます。

 

気づかずにエンジンをかけてしまったら…

と想像するだけで身の毛がよだちます。

 

しかし残念ながら

この悲惨な事故は冬に多発します。

 

猫が犠牲になるだけでなく

車の持ち主も精神的・費用的に

痛手を負うことになるでしょう。

 

それを未然に防ぐのが

乗車前にボンネットをたたく「猫バンバン」。

 

一人でも多くに広まることを願って

「猫バンバン」のお話をしたいと思います。

 

■ネコが車に入りこむナゾ

 

停車した後のエンジンは

数時間ほど温かい状態を保ちます。

 

ご存知のとおり猫は寒さに弱く

暗くて狭い場所が大好きですから

エンジンルームは猫にとって

居心地のよい寝床となるのです。

 

「カギをかけているのに何処から入るの?」

と不思議に思いますよね。

 

じつはボンネットの下には冷却用の穴や

タイヤと車体の隙間から出入りします。

 

 

入りこむ猫の約9割が子猫。

 

遊んでいるうちに潜りこむこともあれば

親が隠そうとして入れる場合もあります。

 

2016年に日産が猫バンバンの調査をしたとろ

14%の人が実際に猫が出てきたと回答しました。

 

これって7台に1台の割合で

猫が潜んでいたということになります。

 

しかもエンジンルーム内は

直射日光が当たらないので夏は涼しく

梅雨どきは雨宿りもできる環境。

 

そのため年中通しての注意が必要なるのです。

 

■たたく・鳴らす・開ける

 

 

猫が潜んでいるかどうかは

車に乗り込んだだけで判断できません。

 

ボンネットをたたく

クラクションを鳴らすなどして

まずは猫に危険を知らせましょう。

 

たいていは大きな音で出てきますが

中には恐怖で硬直してしまったり

さらに奥へ隠れてしまうケースもあります。

 

物音がしないか確認しつつ

ボンネットを開けてチェックすることも大切。

 

住宅街などで音を出しにくい場合は

ドアを強めに閉め直すのも有効です。

 

■大きな企業のやさしい取り組み

 

 

「猫バンバン」という言葉は

日産自動車が進める「#猫バンバンプロジェクト」

がきっかけとなり世間に広まりました。

 

日産 #猫バンバンプロジェクト

http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

 

「猫も人も安心して過ごせる社会のために」をコンセプトに

HP上でステッカーのデータを提供したり

プロジェクトムービーの配信を行っています。

 

#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN #KnockKnockCats

https://www.youtube.com/watch?v=vO3xyqh0Mjk

 

公開後わずか5時間で14万回も再生され

「テレビCMでも流すべきだ」という意見が

多数寄せられたそうです。

 

世界規模で展開する企業でありながら

小さな命を救おうとするその姿勢に

人の心の温かさや優しさを感じます。

 

■ドライバーの新常識に

 

この写真は2016年に

ツイッターでアップされたものです。

 

 

参照元:https://twitter.com/muchbaron/status/794894882095542277/photo/1

 

メモに気づいた車の持ち主が

エンジンルームを確認したところ

奥の方に子猫が隠れていました。

 

 

参照元:https://twitter.com/muchbaron/status/794895440411901953/photo/1

 

すでに車は走り出していたので危機一髪。

この後JAFにより無事に救出されました。

 

 

参照元:https://twitter.com/muchbaron/status/794922573452562432/photo/1

 

こちらは三菱自動車の販売店で

オイルまみれになって発見された子猫。

 

 

参照元:https://www.hyogo-mitsubishi.com/shop/taishi/20171003153436.html

 

来店したお客さんが知らせたことで

見事助け出すことができました。

 

 

参照元:https://www.hyogo-mitsubishi.com/shop/taishi/20171007124132.html

 

子猫はその後「そら」と名付けられ

販売店スタッフの家族になりました。

 

 

この子猫たちは九死に一生を得た

ラッキーなケースですが

現実には多くの猫が命を落としています。

 

けして他人事とは思わずに

「猫バンバン」で助かる命があることを

どうか心にとめておいてください。

 

 


コメントを残す