レターポットはお金の浄化装置?みんなで集めて、太陽作って、暖まって、元気が足りない人に分ける。

やっぱりレターポットおもしろい。

お金を使っているから通常だと文字数をケチりたいと思うのに、

感謝を伝えたい人には文字数を増やしたくなる。

 

しかも単価を上げたいと思うより、

文字数を増やしたいと思う。

そして不思議なことにお金を使って感謝を伝えたい人を探してる(笑)

早くみんな使い始めないかなー。

早くみんな使って!

 

換金できない、時間が経つと腐る、ということが秀逸すぎる。

お金で買うんだけど、お金に戻せない。

貯められない、回すことに意義がある。

貨幣の置き換え。お金の浄化?

 

どんなことになるか考えれば考えるほど見えなすぎてモヤモヤする(笑)

でも肌感覚では分かる、これはやばい、鳥肌やばい。

そして使ってみると、ちょっとずつ分かってくる。

使う人が増えればもっともっともっとおもしろくなる。

 

与えて与えて与えて(恩を贈って贈って贈って)、

貰っても返すでも、貯めるでもなく、回す!

 

誰かが言ってたけど元気玉みたいなもの。

みんなで集めておいて、みんなで太陽を作って、

みんなでその太陽光で暖まる感じ。

 

そして元気が足りない人がいたら分けてあげる。

いや、これはホントすげえ。

世界が変わりますねー。

 

空き家活用も同じ考え方でできないかな。

所有するんじゃなくて、回す。

家も土地も自分のものじゃなくて、みんなのもの。

カジュアルに住む場所を変える。

 

とにかくレターポット、

みんな使って!

恩贈らせて!

 

うまく説明できないので、こちらでどうぞ

https://lineblog.me/nishino/archives/9316100.html


コメントを残す