千葉県佐倉市で5日間のセルフリノベキャンプ

千葉県は佐倉市に遠征しまして、

5日間のセルフリノベーションサポート。

(僕の別荘となりそうな)現場をおかりして宿泊させていただきます。

 

 

早朝、氷点下の長野県を出発し、

千葉県に近づくにつれて一枚、また一枚…と、

どんどん薄着に…あちー。

 

材料に道具一式にお泊りセットと…

高速を無事に乗りきれるかが不安でしたが、

なんとか無事に到着。

 

 

門構えが立派でなんとも愛らしい平屋の外観。

 

 

街並みも城下町ということもあり、独特な路地の雰囲気がいい感じ。

 

 

夕方頃から周辺散策のことが気になり、気になり、

そわそわ、そわそわ。

ひとまず、塩分の効いた気持ちいい温泉と

美味しいお店をいっぱい教えてもらったので一安心。

 

 

あとは5日間、食べ過ぎ、呑み過ぎ、フラつき過ぎ、

に注意なのであります。

がんばります。

 

 

今回の主なミッションは、

1、キッチンからの壁を抜いて、みんなが集うLDKを作る。

2、LDKになる部屋が和室なので畳をフローリングに床を張り替える。

3、壁塗りをする。

 

 

まずはミッション1。

壁を抜きます。

そう、土壁…。

 

 

壊してもらいましょう!

 

 

ガツガツ壊してもらいました!

 

 

土埃がもんもんでありますが、きれいな竹小舞が顔を出してくれました。

 

 

押入れだった部分を壊してキッチンと開通!

 

 

繋がりました!

 

 

そしたら今度は床の下地を作っていきます。

 

 

根太のレベル(高さ)をあわせて設置。

 

 

根太の間に断熱材を詰め込みます。

 

 

床の下地ができあがりました。

 

 

現場が寝床であれば、仕事上がりの喉の渇きは即ワインで解消。

コタツに入って喉が潤いホロ酔いになれば、

もはや外に出る理由は何もありません。

 

自炊をしようとアウトドアグッズを積み込んできたのですが、

使うのは栓抜きとコルク抜きだけ。

どうやら僕は一人暮らしをしてはダメなタイプだということを再認識しました。

 

 

同時進行で壁塗りを進めていただいてます。

 

 

ありがたいことに助っ人のみなさんもたくさん来ていただきました。

みんなで黙々と。楽しい。

 

 

 

長野県からお持ちしました、信州カラマツの無垢のフローリング。

 

 

仕上げに蜜蝋ワックスを塗って、床が仕上がりました。

 

 

細かいですが、電気の配線を隠すために溝をついたりもしました。

 

 

この上から木枠をかぶせて、これで電線も見えなくなります。

そう、一応、僕、電気工事士でもあるんです。

こういうときにちょっとした電気工事ができるのは、

ちょっとお得でもあります。

でも、できるだけ電気は触りたくありません…。

電気は、やりません…と言っておきます。

 

 

アクセントに持参した古材をランダムに張ってみました。

 

 

住宅街から駅へと抜ける道。

 

 

この小道、いい感じなんです。

 

 

今回、お昼ご飯で一番お世話になった、おそば屋さん。

こちらはスーラーうどん。

酸味が疲れた体を癒してくれます。

 

 

そして、とんかつ。

 

 

うまいんですよー!

また食べに行きたくなってしまったー!

 

 

壁塗りはお施主さまご家族にお任せ。

 

 

漆喰をねりねり。

 

 

漆喰をぬりぬり。

 

 

お部屋が明るく生まれ変わっていきます。

 

 

今回、心強かったのは、近くにパワーコメリがあったこと。

夜9時までやってます。

 

 

そして、圧巻の資材ドライブスルー…

もはやテーマパーク。

意気揚々と軽トラで回遊させていただきました。

 

 

今回、新たなチャレンジがこちら。

石膏ボードの上からも塗れるという土壁。

その名も、塗ってくれい(泥)!笑

 

 

まぜまぜ。

 

 

なかなか混ぜるのも苦戦…。

 

 

なかなかクセがあるので、ちょっと試行錯誤が必要そう。

質感はおもしろいです。

 

 

最終日に向けて、景気づけ!

お施主さまご家族はみなさん、ほんとにあたたかい方たちばかり…

感謝、感謝、感謝。

その言葉しか出てきません。

 

 

これが僕の標準仕様の寝床でした。

最終日イブは酔っ払ったお施主さまご夫婦と同じコタツで、

陽気にそのまま就寝…

幸せな時間でした。

 

 

いつもどおり、ギリギリまでバタつきましたが、

なんとかまとまりました。

 

 

キッチンと繋がるLDKスペースができました。

 

 

今度はここでみんなでパーティーをしたら最高だろうな。

 

 

ステキな5日間をありがとうございました。

また来ます。

忘れ物もしてしまったので笑。

 


コメントを残す