都会の住宅街でこそ自然素材でリフォームしよう!

緑も濃くなってきて

夏が近づいてきたかんじですね。

 

s_IMG_1806

 

でもココ信州

御牧ヶ原台地(みまきがはら)は

まだまださわやかな風が流れています。

 

s_IMG_1808

 

空と雲がホントにキレイ

虫の鳴き声や

鳥の鳴き声が

季節のうつろいを知らせてくれます

 

たまにキジの鳴き声も聞こえてきて

自然は毎日ボクたちを

飽きさせることがありません・・・

 

・・・っと!

ガラにも無くちょっと

ポエミーな入りになっちゃって

ちょっと恥ずかしくなっちゃいましたが!?

 

都心の方はもうかな〜り

アッツイんでしょうかね〜?

 

先日、ボクの嫁さんの実家

東京の町田市に行ってきまして

お母さんからこんなご相談をいただきました。

 

s_IMG_1676

 

都心の夏の暑さはハンパじゃ〜ありません

「(犬のための)ウッドデッキと日よけの屋根って

いくらぐらいでできるかな?」

 

なるほど〜・・・

う〜ん、わからない。

 

まずどうゆーふーに作るか?

材料は何で作るか?

う〜ん・・・

 

イロイロ考えてたら

自分で作ってみたくなっちゃいました。

 

屋根は日射しを遮ってくれるけど

あまり軒を深く作ると

今度は部屋に全く日射しが入らなくなっちゃいます。

 

そこで!

屋根ではなくて

バーゴラを作ることにしました。

 

s_IMG_1782

 

材料はモチロン自然素材。

ヒノキの無垢材

天然乾燥材を無塗装で使っちゃいます。

メチャクチャいいニオイしますよ〜♪

肌触りもバツグンです。

 

ということで

来週、夜勤明けで施工に突撃します!

工期は1日半。

終わるのか〜?

 

都心だからこそ

住宅密集地だからこそ

そこに自然素材を使ってあげたり

庭に木を植えたり

してあげることにより

生活に潤いが生まれます

・・・・と思います!

 

結果やいかに?

気合い入れていくぞー!

おたのしみに〜

 

s_IMG_1771

 

 

 

【土にも人にもやさしい自然素材の家に暮らす。次の記事へ】

夏でも涼しい犬のウッドデッキとバーゴラを作ろう! 〜初日〜
http://www.engawashoten.com/?p=1525

 


コメントを残す