リビング空間を広げるウッドデッキ

今日は、ウッドデッキのお話し。

 

ボクの家のリビングは南東にむかってL字型の大開口のある

日当りのとっても良い、気持ちのいい空間です。

 

s_IMG_3944

 

そのL字の開口の先には

これまた大きなL字のウッドデッキがあります。

視線が外に抜けていき、

床が連続して見えるため、

よりリビングが広く感じるんです。

 

s_IMG_3949

 

いいですよね〜♪

そして、このウッドデッキがサイコーに気持ちのよいスペース。

ポカポカあったかくて

ひなたぼっこや昼寝に最適です。

 

s_DSC_0051

 

 

そして洗濯物もよく乾きます。

もちろん布団もフカフカに仕上がります。

 

s_DSC_10050

 

 

そして、このベンチがにくい。

 

s_DSC_0141

 

 

ちょっと座るのに絶妙な高さ。

そして、視線を一度ここでうまく区切ってくれてアクセントになります。

ここに座ってリビング側を見ると、また空間がのびのびと広く見えます。

 

s_DSC_0134

 

このベンチに座ると、むしょーにビールが飲みたくなってきます。

 

このウッドデッキですが、

ヒノキの無垢材でできています。

外に使う木はやはり傷みやすいので、

通常は強力な塗料で保護するのですが、

何度も言ってますが、やはりあまりよくないモノが多いのでそれは使っていません。

(※塗料の安全性についてはコチラの記事を→http://www.engawashoten.com/?p=242

 

ボクの家は思い切って無塗装にしました!

 

s_DSC_0030

 

 

1〜2年後の様子です。

どうですか?

ボクはこの銀色が大好きです。

ピカピカしててキレイですよね。

 

ま〜、当然長続きはしません。

ウッドデッキは消耗品です。

外にあり、年中雨ざらし。

しかも外にある床ですので、水がたまり、

陽もガンガンに照りつけますので簡単に傷みます。

それを無理に押さえつけようとして、強力な塗料を使って、

後で塗料が剥げて・・・

ってなるのなら、ボクはなんにも塗らない方がいいと思います。

手間もかからずラクですし。

 

木のチカラを信じる。

それでいいんじゃないでしょうか?

もたせるだけもたせて、

腐っちゃったら交換してあげましょう。

 

それでも保護してあげたい場合には

こんな塗料もありますのでご紹介しておきます。

ウッドロングエコ → http://www.mitsurouwax.com/cont02/index.html

安心・安全な塗料。

しかも簡単。

最初からすこしくすんだような色にしちゃう塗料です。

これがとても自然な感じに変色していって、色合いもイイカンジになります。

外壁に使う板材にも塗れます。

 

ちなみにボクの家はその他の外部の木の部分も全部、無塗装!

木のチカラを信じて、なんにも塗らないことにしました。

10年後、どんな色合いになっているか楽しみですね♪

 

ん〜、ウッドデッキのことを考えてたら

春が待ち遠しくなってきちゃいました♪

 

s_DSC_0098

 

まだちょっと春は遠いかな〜

冬をたのしみましょう。

 

s_DSC_0121

 

 

 

【土にも人にもやさしい自然素材の家に暮らす。次の記事へ】

冬の朝。窓から取り入れる大事な大事な朝陽と景色。
http://www.engawashoten.com/?p=1049

 


コメントを残す